BLOG

2019年3月に行ったNZ視察の様子を、サザンクロススタッフの遠山がお届け✈️

ワイナリー訪問の様子や、ぶどう畑やワイン醸造の様子、そして視察中に泊まったホテルなど、色々ご紹介していきたいと思います!
ワインのことはもちろんですが、ニュージーランドの穴場情報や視察中の裏話もお伝えしたいと思っております。
何回かに分けてお届けしたいとお思いますので、よろしくお願いします~!!

マールボロ絶品ミートパイ 🥧

前回に引き続き、マールボロの穴場情報をお伝えしたいと思います!
マールボロでの軽いランチや朝食におすすめなのが「The Burleigh Gourmet Pies(ザ バーレイ グルメ パイ)」。
こちらは、マールボロで宿泊したモーテルから車で3分ぐらいの近場にある、地元では有名なパイ屋さんです。

お店はこちら1店舗だけになりますが、NZ国内のイベントに出店したりもしているそうです。
お昼時と翌日朝にも行ったのですが、ひっきりなしに地元のお客さんがパイを買いに訪れていました。
2日連続で訪れた日本人に、「やぁ、君たち観光客かい?」と声をかけてくれたオーナーさん。
ニュージーランドワインを取り扱っている会社をやっていて、さっきラブブロックのヴィンヤードを見て来たよー。なんて檀原さんと談笑していました。(ラブブロック訪問については次回書こうと思います!)
外にはテーブルが設置されているので、天気のいい日は外で焼きたてを味わうこともできます。
私たちもフラットホワイトを一緒に注文して、お店の脇のテーブルでいただきました!

数種類のパイや、サンドイッチ、チーズやドリンクが売っていますが、一番の人気メニューは写真の「ポークベリーパイ」。
手のひらサイズの大きめパイの中に、ぎっしりと具が詰まっています。
パイはサクサク!ほんのり甘酸っぱいベリーソースに、アニスなどのハーブが効いた癖になる味わい。
お肉たっぷりで、1個で十分お腹いっぱいになります!
他にもブルーチーズが入っているものや、お肉の種類もビーフやチキンなど様々なパイがあります。
マールボロに訪れた際は、ぜひ食べていただきたい地元の絶品B級グルメです!!

マールボロの中心都市、ブレナムの街 🏘

空いた時間で、マールボロの中心都市であるブレナムの街を探索しました。

ワイン産業で栄えるマールボロ、ブレナムはその中心都市で、雑貨屋さんやお土産やさん、飲食店やワインバーなど、様々なお店が立ち並ぶこじんまりとした街です。
ニュージーランドの多くの交差点には信号機がありません。
「ラウンド・アバウト」という、右側から来る全ての車両を優先させながら、時計回りで走行するロータリー型の交差点が一般的です。
車で移動中、ほとんど信号機を見かけなかったのですが、ブレナムの街中にも信号機がありませんでした。
横断歩道の代わりに、歩道と同じタイルが渡されています。
電信柱もなく、こじんまりながらもおしゃれな雰囲気の街でした。

マールボロのおすすめワインショップ 🍷

こちらは、檀原さんがマールボロに訪れた際には必ず訪れるワインショップ「WINO’S Marlborough(ウィノス マールボロ)」。
通い始めた後で知ったそうですが、このワインショップのオーナー、実はトゥーリバーズのワインメーカーであるデイビットだったそうです!
センスがいいワインショップだな~と通っていたら、知り合いの店でびっくり!笑

店内には、トゥーリバーズや日本でもまもなくリリースのブラックコテージもずらっと陳列されています。
ニュージーランドワインを中心に世界各国のワインが揃っているので、マールボロでワイナリーやヴィンヤード見学の後、飲み足りない時はこのワインショップに寄って、部屋飲み用のワインをGETするのもいいですね!
さて、マールボロの穴場スポットについて、存分に語らせていただきました!笑
次回は最後のワイナリー訪問、ラブブロックについてお伝えしたいと思います。
引き続き、NZ視察の様子をお楽しみくださいませ~!

遠山弓

関連記事一覧