Novum Marlborough Basket Press Syrah

ワイン名:ノヴム マールボロ バスケットプレス シラー
ワイナリー名:ノヴム
生産国:ニュージーランド
産地:マールボロ
ヴィンヤード:サザンヴァレー
葡萄品種:シラー97%、ヴィオニエ3%
ヴィンテージ:2022
アルコール度数:13.5%
容量:750ml
希望小売価格:7,500円
備考:コルク

Tasting Notes & Winemaking

プラムのコンポート、コーヒー、モカ、黒コショウと白コショウ、スパイシーなオークの風味が感じられる、濃厚でありながらエレガントな味わい。リッチでまろやかな味わいが続き、柔らかく丸みのあるタンニンが魅力的に感じさせます。生産本数1128本。

マールボロで栽培されるシラーは気候適性の限界地域です。しかし、何年もこの品種に取り組んできた結果、多くの日照時間と畑での注意深い管理が、驚異的な凝縮感と風味を持つシラーを生み出すことができることを学びました。2016年に、真に素晴らしいシラーを作るという明確な目的を持って1エーカーのブドウを植えました。土壌の種類、台木、列間隔、キャノピーマネジメント、剪定技術、ワイン醸造に関する20年に及ぶ知識をこの1エーカーの畑の開墾に集約しました。

その結果として周囲のどのヴィンヤードとも異なる特別な存在となっています。1ヘクタールに5,600本の高密植を施し、果実のワイヤーは地面からわずか400ミリメートルの高さに設置され、地面から放射される熱を最適に活用しています。3%のヴィオニエを混植しており、これはシラーと共に発酵することでミドルパレットに重量感を与え、見事な色調を引き出すためにローヌで伝統的に使われる手法です。

除梗されたシラーはオープントップ発酵槽に入れられ、天然酵母による発酵が始まるまで果皮と一緒に5日間浸けられます。活発な発酵中には1日に2~3回のポンピングオーバーが行われます。35日以上のスキンコンタクトの後、ワインはバスケットプレスされ、ラックされてから30%新樽のフレンチオークパンチョンに移されます。ワインは樽で14ヶ月間熟成され、最終的なブレンドを行いボトリングを迎えます。

【Tressage】

ノヴムではシラーの栽培にトレサージュを活用しています。トレサージュとは一般的な夏季剪定を行わず、伸び切ったツルを上部で編み込む手法です。ルロワやシャトーラトゥールなど、フランスの多くのトップ生産者が取り入れていますが、ニュージーランドではまだ非常に稀です。手作業で行われるため非常に時間がかかりますが、これにより作られるブドウは小粒になりやすく、ワインは口当たりが明らかに柔らかく、より豊かになることが確認されています。

現在までのところ非常に良い結果が見られており、病気のないバランスの取れた房を持つブドウの木が育っています。トレサージュがグラスに注がれたワインにどのような影響を与えるかを完全に理解するには、数年のワイン作りが必要ですが、今のところ非常に有望な手応えを感じています。

Accolades/受賞履歴

The Real Review 2024
TOP WINERIES NEW ZEALAND

CATEGORIES

ノヴム